コールセンターのバイト・アルバイト

掲載バイト件数1,734 08/21更新

最初にバイトを探すエリアを選んでください!

コールセンターってこんな仕事

シゴトの内容

お客さまから企業などにかかってくる問い合わせなどに電話で対応する仕事です。近年は自動音声による案内が主流になりつつありますが、個別の要望などに対してオペレーターと直接やりとりできるようになっていることが多く、オペレーターの重要性は変わっていません。具体的にはそれぞれのオペレーターがヘッドセットをつけ、パソコンを操作しながらひとりひとりのお客さまと電話で直接お話しします。内容は新商品の案内やサービス内容の説明、トラブル対応など、企業や業種によってさまざま。もちろんマニュアルが完備されていますし、しっかりと研修を受けてから業務に就くことになっていますので、経験のない人でも心配はありません。どの業種においても、ひとりひとりのお客さまに対してますますきめ細やかな対応が求められるようになっており、今後も注目度の高い職種と言えるでしょう。

バイトするメリット

24時間対応のコールセンターもありますが、勤務はシフト制を採用しているところが多いため、空いた時間を有効に使ってアルバイトをすることができます。また大手企業も多いため、福利厚生がしっかりしているというメリットもあります。マニュアルが整備されており、研修を経てから、さらに毎日お客さまと生でやりとりをしていくことで、専門的な知識や臨機応変な対応、そして正しい敬語も身につくため、経験やスキルに応じた結果として高時給を得ることもできます。一度経験を積めば、違った業種のコールセンターで働くこともさほど難しくないため、次のアルバイトも見つけやすいと言っていいでしょう。

働く環境

コールセンターの規模は、数人のブースレベルから数百人でワンフロアまるごとといった大規模なものまでさまざま。基本的にはひとりひとりに与えられたブースで、ヘッドセットを装着し、お客さまと電話しながらパソコンを操作、傍らには参照用のマニュアルが置いてある、といったイメージです。大規模なコールセンターは地方の郊外にあることも多く、「この土地でこんな有名企業の仕事ができるんだ」と驚くことがあるかも知れません。また、お客さまの個人情報を扱う仕事ですから、職場への入退出などのセキュリティは厳重です。

どんな人が向いている?

電話でお客さまと直接お話しをする仕事ですから、まずはわかりやすく聞き取りやすい声・口調で話せることが不可欠。たとえ顔が見えなくても笑顔で対応できる気持ちも大切ですね。オペレーターに関する資格もいくつかありますが、ほとんどの場合は応募の際に資格は必要ありません。ただし経験を積み、より高いスキルを生かして高い時給を手にしたい、この道のプロになりたいと思う方は資格取得が目標にもなりますし、キャリアアップにもつながります。