家庭教師のバイト・アルバイト

掲載バイト件数7,137 12/16更新

最初にバイトを探すエリアを選んでください!

家庭教師ってこんな仕事

シゴトの内容

生徒さんの自宅で、学校の授業の補習的な勉強をしたり、定期試験対策や受験対策の勉強を教えるアルバイトです。生徒さんをマンツーマンで教えるため、生徒さんのペースに合わせて勉強を進めることができる一方、生徒さんの疑問や質問に対して丁寧にわかりやすく説明できることが求められます。また、生徒さんが苦手なところはその理由を分析して具体的な対策を立てられることが大事です。自宅にお邪魔するということで、親御さんとも毎回お話しをする機会がありますし、生徒さんと近い距離で指導する仕事でもあるため、清潔な身なりときちんとした挨拶ができることは必須です。二人三脚で勉強を頑張ってきたあとの試験や受験ですから、その結果は家庭教師である自分の成績でもありますが、成績が上がったり志望校に見事合格した時の達成感は他に比べるものがないほど。責任もやりがいも大きな仕事です。

バイトするメリット

生徒さんの個性や理解度に合わせて対策を立てたり、直接対峙しながら丁寧にものごとを説明できるスキルが身に着きますので、その後の社会人生活で必ず大きな強みになります。また毎回生徒さんの親御さんとも接する機会があるため、大人の方とそつなくコミュニケーションができるようになります。勉強を教えることは簡単ではありませんが、事務雑務などもある塾のアルバイトと違ってほぼ学習指導1本に専念できるのもメリットです。そして何より、生徒さんの成績が上がったり志望校に合格した時には、自分のことのように心の底から喜びが湧きあがってきます。

働く環境

家庭教師には個人契約型と登録型があります。時給は高いですがコマ数をこなさないとまとまった収入にはなりませんので、しっかり稼ぎたいなら複数の登録サイトに登録しておくのも有効でしょう。生徒さんの自宅は交通の便が良いお宅ばかりではありませんから、所要時間の見積もりは正確に。教える時間数や教科はさまざまで、週1回、週ひとコマ、1教科だけというケースもザラにあります。登録型の家庭教師の場合は登録時に「指導可能教科」を申告しますので得意でない科目を担当する心配はありませんし、家庭教師先のお宅と金銭のやりとりをしなくて済むのが安心です。

どんな人が向いている?

塾のように指導マニュアルがあるわけではありませんから、生徒さんにとって適切なペースや、自分のアイデアを生かした指導方法などを組み立てられる人が適しています。そのためにはまず生徒さんと信頼関係を築くことが大切。決して高い学歴が必要なのではなく「相手の気持ちになって考えられること」がいちばん大事です。試験前などは担当以外の教科で直前対策をしてほしいと言われるケースも考えられますから、生徒さんのニーズに合わせられる柔軟性もあるといいですね。